MATHコン 2年連続Rimse奨励賞受賞

数学研究同好会の林一慶(特別進学コース3年)が、MATHコン(算数・数学の自由研究作品コンクール)の高等学校の部でRimse奨励賞を受賞しました。15,000点を超える自由研究の中から地方審査を経て中央審査にノミネートされての受賞です。「点と直線の距離公式を複素数平面上で証明する」という内容の作品は、審査委員の方から「複素数平面における図形の性質を調べた興味深い研究です」との評価をいただきました。
 また、昨年Rimse奨励賞を受賞した木下智恵(特別進学コース3年)の作品が、書籍『数学の自由研究 第2回作品コンクール 優秀作品集』に掲載されました。今後もさらに研究を深め、数学の分野での活躍が期待されます。

 

 

 

次のニュース>>

 

MATHコン 2年連続Rimse奨励賞受賞