救急法教室

3月14日(火)、1年生を対象に救急法教室が開催されました。日本赤十字社救急法指導員の方がたのご指導のもと、生徒たちはグループに分かれて心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の使い方について学びました。AEDの使用では緊急時を想定し、機器の操作だけでなく傷病者の発見から救急隊に引き継ぐまでの流れを実践しました。放課後は、教職員を対象にした講座も開かれ、非常の事態に備えるための講習を受けました。

 

 

次のニュース>>

救急法教室

救急法教室