gakusyokai

理事長挨拶

学校長

 「明るく元気」は英明高等学校のシンボルワードである。「明るく元気」にあこがれ、入学し、明るく元気に学校生活をおくり、明るい笑顔で卒業してゆく。これが英明の理想である。
 英明は若い学校である。伝統はないが校風らしきものが芽生えつつある。その一番目が「英明スタイル」と呼ばれるライフスタイルである。我々は小さな目標を決めて、それをめざして努力する。小さな目標でも達成するとうれしい。元気も出る。もう少し頑張ってみようかと、もう少し大きい目標に挑む。これを繰り返して充実した学校生活をおくる。無理をしないので苦しすぎることはない。失望や挫折感に悩むことも少ない。平凡な人間がよくやったと自分自身をほめることもできる。この小さな、おだやかな幸福感の中で学校生活をおくるとともに、激しい変化が予想される今後の人生を、たくましく生き抜いていく力を養ってほしい。
 二つ目は「選択の自由」である。いくつかの選択肢の中から自分の考えで自分のすることを選び、決めるということである。英明には4つのコースがある。入学時にコースを決める。二年になる時には、コースの中に多くの系が用意されている。その中から自分の系を選んで二年間を有意義に過ごす。クラブ活動や修学旅行、服装やネクタイ、リボンに至るまで選択の自由がある。
 三つ目は「個性の尊重」である。個性とは一人一人の人間がもつ「その人らしさ」であり、その人のもつ優れた能力を指すことも多い。英明はその人のもつ性質や能力を伸ばすことに力を入れている学校です。国立大学に進学するのは特進・進学コースだけでなく、優れた個性と能力をもった生徒は、総合コースからも東京藝術大学の美術・音楽に進学しています。私たちは、個性を伸ばすことに少し自信を持ち始めています。
 英明高校は若い先生の多い学校です。年齢の近い明るく元気な新入生を待っています。ベテランの先生方は生徒の悩みや相談に親切に対応しています。できれば英明高等学校をあなた方の受験校の一つに加えていただけたら幸いです。お願いします。

校長挨拶

学校長

 英明高校は、2001年開校以来、社会に必要とされる人材育成に取り組んできました。変化を恐れず、時代のニーズを捉え、真摯に教育と向き合ってきた思いが、難関大学への進学や就職実績に表れています。
 人は、1日24時間という時間を公平に与えられています。毎日をどう過ごすか、時間をどう使うかが、長い人生を生きる上では、人としての大きな差となります。高校生活は、日数にして約1000日です。長いようで短いこの日々を有効に使うことにより、卒業の時には人間として大きく成長することができます。
 我々教職員の仕事は、志を持つ生徒を支え、時間の積み上げを手助けすることです。英明高校は多様なコース・系、部活動、修学旅行、制服を設定し、その自由な選択を通して一人ひとりの隠れた才能や素質を見つけ出し、ゆっくりゆっくり少しずつ成長し、よりベストに近づいていけるよう皆さんをサポートします。 英明の仲間として、この校舎で共に励む日が来ることを願っています。