こちらのページでは英明高校情報コースの行事や活動をお知らせしています。

    2017年11月3日金曜日 「平賀源内甲子園入賞」  

     香川県内の高校生を対象にキャッチコピーを募集する「第3回平賀源内甲子園」の授賞式が、県民ミュージアムで開催されました。授賞式には8,300以上の応募作品の中から選ばれた入賞者23名が参加し、本校からは情報コース3年生の尾上和樹君が入賞者として参加しました。授賞式前には、広告業界の第一線で活躍するクリエイターのトークショーなどがあり、貴重な経験を得ることができました。

    2017年10月25日・26日・11月1日

     IT・パソコン部1・2年生16名を対象に、専門学校穴吹コンピュータカレッジの学生による「専門学校生とともに情報について学ぶ」を実施しました。
    最初に基本的なExcelの操作を学習し、さまざまな角度からのデータ分析・グラフ作成を行いました。また、PowerPointを用いてプレゼンテーションについて学び、人に伝える為にどのような点に気を付けるべきか考えながら学習しました。

    2017年10月21日土曜日

    平成29年度第2回オープンスクールが開催されました。
    情報コースは、完成したばかりの西館マルチメディア教室で「Unity」を使用し、各自でフィールドを作り、配置したキャラクターを自由に動かすゲーム作りの授業体験を行いました。
    IT・パソコン部は、部活動の方針などを説明した後、在校生の作ったマルチメディア作品を鑑賞したり検定問題に挑戦するなどの体験を行いました。

    2017年9月

     西館マルチメディア教室の機器の入れ替えが完成しました。
     今月、情報機器の入れ替えを行い業務用のグラフィックボードを搭載し、3Dグラフィックの作成も可能なPC45台を備えた情報教室になりました。ソフトウェアにはマイクロソフト社のofficeソフトの他、VisualStudio等のプログラミング用のソフトウェア、複数のプラットフォームに対応するゲーム開発ソフトウェア「Unity」や、3D映像作成もできる「UNREAL ENGINE4」をインストールしています。

    2017年9月15日金曜日・16日土曜日  

    英明祭が開催されました。
     IT・パソコン部は、間違い探し動画の作成や部活動紹介の動画を作成し発表しました。例年になく多くの方の来場があり、ご好評をいただきました。
     また、3年生情報システム系の生徒がレゴ・マインドストームを使って作成したライントレースのデモ走行を行いました。紹介したプログラムは、障害物のある決められたコースをいかに 効率よく走らせるかを考えて作成したものです。

    2017年8月

    日本情報処理検定協会主催各種検定の結果が発表されました。
     今回の検定では、ワードやエクセルだけなくホームページやプレゼンテーションでも22名の1級合格者が出ました。

    2017年9月9日土曜日

     第15回全国高等学校パソコンコンクール「パソコン甲子園2017」に本校生徒が参加しました。
     情報コース1年生から3年生までの有志がパソコン甲子園に向けて連日プログラミング学習に取り組んできました。生徒達は日頃の成果を発揮し、難しい問題にも挑戦していました。

    2017年7月25日火曜日

     情報コースの生徒を対象とした学校見学ツアーを実施しました。
     早朝に学校を出発し、午前中は大阪府四条畷市にある大阪電気通信大学を訪問しました。大学では音声やブルースクリーンを利用した合成やモーションキャプチャ技術をマルチメディア専用のスタジオで体験させていただきました。その後、「ゲーム技術とこれからの社会」というテーマで約1時間の講義を聴きました。
     午後からは兵庫県神戸市にある神戸電子専門学校に移動し、キャラクターをキーボード操作で移動させるプログラムの作成を行いました。
     大学や専門学校の最先端の設備を見学し、学校の雰囲気を存分に体感することで、生徒たちは将来の目標について真剣に考えているようでした。