秋季四国地区高校野球香川県大会 第3位

四国大会8年連続出場 香川県史上最長記録更新

10月13日(日)レクザムスタジアムで「秋季四国地区高校野球香川県大会」の3位決定戦が行われ、29-0(5回コールド)で四学香川西高校に勝ち、8年連続四国大会への切符を掴み取りました。 最後まで攻めに攻め、打線が毎回の20安打29得点と爆発。大会期間中は、今夏の準優勝に貢献した黒河投手ら3年生が応援し、チームを後押し。主将の前田選手は先輩への感謝の思いを口にしつつ、「プレッシャーはあったけど、全員で試合に集中できた。夏の決勝で負けた分、四国大会は負けられない」と2018年以来の選抜大会出場へ闘志を燃やしています。

「秋季四国地区高校野球大会」は10月26日(土)から行われます。県大会の勢いを活かして、5年ぶり2度目の優勝を目指します。

2回戦
英明20-0石田・笠田(5回コールド)
3回戦
英明5-4観音寺総合
準々決勝
英明10-2高松南(7回コールド)
準決勝
英明4-7尽誠
3位決定戦
英明29-0四学香川西(5回コールド)

 

 

次のニュース>>

秋季四国地区高校野球香川県大会